リハビリ空間NAGOMI

長年空きテナントとなっていた建物は、外装の劣化は目立ったものの、インスペクション(建物診断)の結果、構造体のダメージが少なかったため、スケルトンを再利用。新築とコスト比較をし、リノベーションを選択した。

 

用途はデイサービスだが、地域交流機能がキーとなることから、多世代に馴染みやすいカフェを連想させるモチーフや素材を多用している。機能訓練室内は運動ゾーン、休憩ゾーン、スタッフゾーンをカラーや天井高の変化により緩やかに分節した。

 

このプロジェクトでは、高齢者福祉施設のソフトとハードのあり方を再考するプロセスにも重きが置かれた。

 

rehabilitation_space_nagomi_01.jpg

 

rehabilitation_space_nagomi_02.jpg

 

rehabilitation_space_nagomi_03.jpg

 

rehabilitation_space_nagomi_04.jpg

 

rehabilitation_space_nagomi_05.jpg

 

構造:鉄骨造
用途:高齢者福祉施設(デイサービスセンター)
延べ床面積:321.8㎡

建築相談受付中 TEL:0187-73-5955

建築設計相談の詳細はこちら