建物状況診断(施設系インスペクション)

住宅以外の社会福祉施設や商業施設、事務所等の建物診断も行っております。高度経済成長期に建てられた建物が老朽化してきており、建替えも含めてどのように施設管理をしていくのかというのが問題になってきております。既存の建物の劣化診断を行うことで今後の施設管理の方法や費用も含め対策を講じることが出来ます。

 

また、少子高齢化や地方の過疎化にともない以前に栄えていた商店街がシャッター街になることで空き店舗、空きテナントをいかに有効活用していくかというような問題も出てきております。建物の劣化状況を診断することでリノベーション費用や修繕費の算出にも役立ちます。

 

■対象となる建物

・医療・福祉施設(クリニック、高齢者GH、特養、障がい者GH等)

・学校・保育施設

・商業施設(事務所、店舗)

・宿泊施設(ホテル、旅館、民泊)

・公共施設・庁舎

 

■実施のメリット

・現在の劣化状況を知ることで設備の修繕時期が分かる

・劣化状況と修繕箇所を把握することで修繕費用を把握できる

・建替えや全面リフォームも含めた修繕施策の検討材料として役立つ

・中長期修繕計画の策定に役立ち、将来の修繕費用の算出に役立つ

・定期報告も実施することができる

 

■中長期修繕計画とは

■運営管理支援(中長期修繕計画の策定・定期報告・リニューアル)

建築物に関わるランニングコストにはいくつか種類があります。

 

①運用費(水道光熱費、人件費などの病院の営業に必要な経費)

②一般管理費(税金・利息・保険などの病院の管理に必要な経費)

③修繕費(建物の原状回復や現状維持のための修繕維持費)

 

ランニングコスト説明図①

 

つまり・・・

事業経営において、変動するのは修繕費のみになります。(上図より)ランニングコストの中でも、意識が届きにくい修繕費に関しても、経営者は把握しながら事業運営を行っていく必要があります。

 

中長期修繕計画の役割には下記のような役割があります。

 

①修繕費の”見える化”

意識の届きにくい修繕費をキチンと把握するためには、長期的な展望を見据えて、“見える化”することが必要になります。

 

②修繕費は意外と費用負担が大きい!

修繕費は新築費用の2.5~3倍かかり、修繕回数も多くなります。

(一般的な建物本体の寿命は80~100年、建築設備の寿命は20~25年)

つまり、1つの建物に対して4回前後の設備改修が必要となります。

 

中長期修繕計画から分かることとメリットは?

①設備の修繕時期

②修繕箇所

③修繕費用

以上の3つが分かります。

変動費であるこれらを“適確に”把握することで経営者は、経営計画が格段に立てやすくなるのです。

 

ランニングコスト説明図➁

 

また、定期報告の実施やリニューアルの相談など建てて終わりではなく、継続的な建物の運営管理支援をさせていただきます。

建築相談受付中 TEL:0187-73-5955

建築設計相談の詳細はこちら